スポンサーリンク

美肌の敵、紫外線から肌を守る!紫外線について知っておきたいこと。

スキンケア

皆さん、紫外線の対策っていつからしていますか?そして具体的にどんな対策をしていますか?
私は紫外線対策=夏、という先入観があり、夏以外はとりあえず紫外線カットできるベースメイクを何となく使用していました。

それが間違った考えだって気がついたきっかけはトレチノイン・ハイドロキノン。この療法で大切なのは紫外線対策!そしてこの療法にチャレンジした時に紫外線対策は季節に関係なく必須、紫外線が強い季節には2時間おきに日焼け止めの塗布、敏感肌はできるだけ紫外線吸収剤不使用のものをいう事を知り紫外線について調べてみたんです。

それまで紫外線に関してあやふやな知識しかなかった私は何となく効きそうな日焼け止めや紫外線カット効果のあるBBクリームやファンデをつけて安心していましたが、全然平気じゃなかった!紫外線について私が調べた事を簡単にまとめてみました。

そもそも紫外線って何?

紫外線とは太陽光の中でももっとも波長が短い目に見えない光です。
そして地表にはUVA、UVBという2種類の紫外線が届きどちらも肌に悪影響をもたらします。

紫外線の種類とその悪影響とは

2種類の紫外線UVAとUVBはそれぞれ作用があり紫外線からお肌を守るには両方の対策をとらなくてはいけません。

UVA(紫外線A波)とは

UVAは地表に到達する紫外線の約90%で浸透力が高いのが特徴。
肌の奥の真皮層にまで到達し、蓄積して肌の光老化の原因となります。これにより肌のハリや弾力がなくなります。また、UVAの量はあまり天気に左右されません。つまり、晴れでも曇りでも雨でも同じ対策が必要。そして紫外線の強さは春先から夏がピークだけれど、対策は季節関係なく通年必要
日焼け止めがUVAに効果があるかどうかというのは『PA』で4段階表示されます。PA+、PA+++のように+の数でその日焼け止めの効果レベルがわかるようになっています。+の数が多いほど日焼け止め効果が高い、と意味します。

UVB(紫外線B波)とは

UVAと比較すると量は少ないのですが、肌の奥深くではなく表面で強く作用する紫外線。
サンバーン(炎症反応)や、サンタン(色素沈着反応)、シミとソバカスの原因になります。また、肌表面の表皮細胞やDNAも損傷するのでしっかりした対策が必要。UVAと同様に春先から夏がピークですが、ピーク以外の時期は紫外線量はぐんと下がります。
日焼け止めのUVBに対する効果はSPF20やSPF40など、SPF+数字で表記されます。数値が大きいほど日焼け止め効果が高く、SPF50を超える場合はSPF50+と表示されます。

紫外線対策はいつ頃からすれば良い?

紫外線=真夏の快晴日の太陽をイメージしますがら先程述べた通り紫外線は通年出ているのでピーク時だけ日焼け止め対策すれば良いわけではありません。

紫外線のピーク時はいつ?

そもそも紫外線のピーク時とは一体いつなのか気になりますよね。
季節だけで言えばUVAもUVBもピークは春先の4月から真夏の8月。この時期は一段と紫外線が強いので特に気をつけなくてはいけません。そして次に時間帯。UVA、UVBともに正午あたりからピーク時間帯に突入して夕方まで紫外線は多くなります。そして次は天気です。紫外線は太陽の光だから晴れていなければ安全かというと違います。UVAの紫外線量は天気とは関係ないので晴れ=ピークとは言えません。地理的にはどうでしょう?イメージ的に沖縄と北海道だと沖縄の方が紫外線が強い予想しますが、その通り。沖縄の紫外線の量は北海道の約2倍なんです。

常時同じ紫外線対策が必要?

地表に到達する紫外線の約90%にあたるUVAの量が季節を関係なく多いので対策は通年必要。では、年間を通して同じケアが必要?

もちろん紫外線対策を通年きっちりできれば安心ですが、真夏と真冬には異なる注意点があります。それは乾燥!実は肌が乾燥してバリア機能が低下していると紫外線からのダメージを受けやすくなります。なので保湿は冬の日焼け対策の大事なポイントになるんです。

個人的には紫外線の量やライフスタイルによって対策すればOKだと思います。ただ冬だから何もしなくては良いというのだけは絶対にNG!

紫外線対策って具体的には何をすれば良い?

紫外線時の外出を避ける
一番の対策ですよね。真夏の炎天下時には外出はできるだけ避ける。そもそも好き好んで猛暑の中出かける人はいないと思いますが…。でも、これなかなか無理(苦笑)!ちなみに私は去年の8月猛暑の中息子の虫取りの付き添いやら山登りに川へ釣り…。周りのお母さん達もサッカーや野球の付き添いとか…。これって男の子ママあるあるですよね。避けられない場合は紫外線からのダメージを抑える努力するのみです。

できるだけ日陰を選ぶ
日陰と日向だと体感温度も違いますし、とにかく肌がジリジリ焼ける感覚が全く違う。普段道を歩く時だけでなく、公園などは日陰がある場所を選ぶなど。そして日傘も持参。

日焼け止め塗布
基本ですよね。顔だけでなく露出している身体部分にも忘れずに。そしてこまめに塗り直しも。

紫外線対策グッズを使う
日傘や帽子、サングラスなどを活用。私は紫外線カットするアームカバーとかは使わないのですが、UVカットできる長袖カーディガンを愛用しています。薄手なので暑さもそこまで気になりません。あと、意外と忘れがちなのがカーテン。家の中でも紫外線は入ってきます。特に日当たりの良い部屋はUVカットができるカーテンがおすすめです。

日焼け後のアフターケア
どれだけ頑張っても100%紫外線カットするのは無理なのでアフターケアも大事。

クールダウン
日焼けした肌は火傷したのと同じで炎症をおこしているような状態なので冷やすことが大事。夏はシートマスクを冷蔵庫に入れておくと便利です。

保湿
日焼けした肌は水分量が少なく脱水状態なので保湿が大事。
できるだけ刺激がない敏感肌用や鎮静作用のあるスキンケアがおすすめ。

シミやソバカス対策
日焼けして心配なのはシミやソバカスですよね。色々な種類の美肌スキンケア製品が出ているので、メラニンの生成を抑制するなど、紫外線を浴びた後はできるだけ早くシミ予防ができるスキンケアを行うと◎特に近年注目を集めているビタミンC誘導体は美白効果以外にも抗酸化作用があるのでおすすめです。

日焼け止めの選び方と注意点

夏になると至るところで目にする日焼け止め製品。
でもたくさんあり過ぎると一体どれを選んで良いのかわからなくなりませんか?日焼け止めを選ぶ上で大切なポイントがいくつかあります。

SPFとPA

先述のようにUVAにはPA、UVBにはSPFの表記をみます。
真夏の炎天下でのレジャーだとUVAもUVBも紫外線量が高いのでPAとSPFの数値が高いほど紫外線対策ができることになります。逆にピーク時以外はUVBの紫外線量は減るので真夏ほど強いものでなくても大丈夫、となります。

ウォータープルーフ

海やプールなど水に濡れてしまう環境では折角塗った日焼け止めも落ちてしまうのでウォータープルーフタイプのものが◎

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

最近『ノンケミカル』と表示されている日焼け止めを見かけませんか?これは紫外線吸収剤不使用のタイプである事を意味します。

実は日焼け止めには紫外線を身体に吸収させるタイプと散乱させるタイプがあります。
吸収させるタイプはその名のとおり浴びた紫外線を肌に吸収させます。一瞬え?って思いませんか?だって日焼け止めは紫外線から肌を守る為に塗布するのに進んで吸収させるってどういうこと?実は、紫外線吸収剤の作用は紫外線を吸収して身体の中で別のエネルギーに変えて身体の外に排出させることなんです。
逆に散乱タイプは肌に吸収しないように紫外線をはねかえす働きをします。

紫外線カットできるベースメイク

日焼け止めにばかり注意が向きがちですが、今は化粧下地、BBクリーム、ファンデーションといったベースメイクには紫外線カットできるものも多く出ています。中にはSPFもPAも高い効果の製品があるので、ベースメイクだけでも十分紫外線対策ができたりしますよね。

ところで、紫外線の強い季節の夏、お化粧直しどうしてますか?
汗もかくのでメイクも崩れやすいですよね。日焼け止めは数時間おきに塗り直しが推奨されていますが、フルメイクの上から日焼け止めを塗るのは難しい…。そこでおすすめなのがパウダータイプの紫外線カットできるファンデーションを使うこと。パウダータイプならお化粧直しもやりやすいです。

私はしっかりメイクしたい日は、
①日焼け止め
②紫外線カットできるファンデーション
③紫外線カットできるルーズパウダー
の順番。そしてお化粧直しには③のパウダーを重ね塗りです。

緩めのメイクで良い日は、
①日焼け止め
②紫外線カットできるパウダーファンデーション
お化粧直しは②のファンデーションを使います。

そしてできるだけ紫外線吸収剤不使用のものを愛用しています。
また、パウダーに関しては更にミネラルタイプのものを。とにかく、肌に刺激を与えたくない。30代に入ってから本当に肌荒れに苦労しているので肌への刺激が少ないというのは私にとって重大なポイント。

日焼け止めで注意したいこと

そして最後に日焼け止めで注意したいこと。それはいくら日焼け止め効果が高い製品を選んでも適切に使わなければ意味がないということ。

私が以前やっていたNGパターンは、とりあえずSPF50+PA++++というまあ紫外線カット最強レベルの日焼け止めを使って安心。これ何がいけないと思います?実は某有名メーカーのジェルタイプだったんですが、すごく伸びが良くて。全く白くならないし馴染みやすいからついつい薄く伸ばしていたんです。

実は日焼け止め効果というのは適切な量を塗った時に発揮できる効果なんです。
基準で言うと2mg/㎠だそう。イメージしにくいですが、クリーム状だとパール粒2個分、液体やジェルだと500円硬貨1枚分と言われています。(注)あくまでも目安で使用量は各製品に表記されていると思うので確認してください。伸びが良いとついつい少量で薄く伸ばしちゃうので日焼け止め効果を発揮するには量が足りていないという残念な結果に!必ず使用についてのメーカーからの情報は確認しましょう。

自分に合った日焼け止めでお肌を守る

紫外線について私が調べたことをまとめてみました。
今はネット社会なので検索すれば皮膚科医さんなど専門のプロフェッショナルな方々更に詳しく解説してくれているサイトが沢山あるので是非調べてみて下さい。そして、今まだ若い世代の方は絶対に紫外線対策は手を抜いちゃ駄目。

やっぱりね、ダメージって蓄積されて私みたいにアラフォーくらいになるとじわじわと来ます。そしてここで後悔して大変な思いをする。本当に若い頃きちんとした知識で紫外線対策しておけばな〜って思います。気がついたらシミがどんどん増えてトレチノイン・ハイドロキノン療法を試したり、色々な日焼け止めで試行錯誤の真っ只中です、未だに。今年も懲りずに紫外線と戦います。

私が試したトレチノイン・ハイドロキノン療法についてや紫外線対策製品は別途まとめているので良かったら参考にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました