スポンサーリンク

アラフォーにオススメしたい!ビタミンC誘導体入り化粧水が優秀なワケ

スキンケア

最近ビタミンC誘導体のスキンケア製品をよく見かけますよね。難しげな文字が入ると効果が高そうな気がしますが、一体どんな効果があるのかイマイチわからない方も多いかと思います。
肌トラブルに悩まされてばかりのアラフォーの私が試してみたのでその効果やおススメな理由を紹介したいと思います。

そもそもビタミンC誘導体って何?

『誘導体』とは有機化合物の分子構造を少しだけ変化させた化合物のこと。何だか難しく感じますが要は元の物質に少しだけ加工したもの、ということみたいです。
私が初めてビタミン誘導体入りのスキンケアを知ったのはトレチノイン・ハイドロキノン療法に挑戦しようと思って調べていた時です。トレチノイン・ハイドロキノン療法については体験記にて詳しく説明しているのでここでは省略しますが、こちらの療法で必要なものの1つがビタミンC誘導体化粧水でした。ビタミンCが肌に良いことはなんとなく知っていたけれどビタミンC誘導体と言われてもよくわからなくて当時自分なりに調べてみました。

ビタミンCの効果

よく肌が荒れたり体調を崩したりするとビタミンCを摂取することを薦められますが、改めて調べてみるとビタミンCには様々な効果があります。

  • コラーゲンの生成
  • 抗酸化作用
  • 免疫力の向上
  • メラニン色素生成を抑制
  • 鉄分の吸収をサポート
  • 酵素の働きをサポート
  • がんの予防や治療

ビタミンCは健康には不可欠な栄養素ですが、人はビタミンCを自分で作るたことができません。その為、普段からビタミンCを食事で積極的に摂取したりサプリメントでの補充を推奨されています。

ビタミンCの難点として熱に弱く、加熱調理をすると分解されてしまう特性があり、加熱時間を短くするなどの工夫が必要。更に水溶性であり、余分に摂取した分は体外に排出され、体内に蓄積することができません。つまり、大量に摂取して貯めて少しずつ使うことができないので適量をコンスタントに体内に取り入れなくちゃいけません。

摂取したビタミンCは体内に入ると色々な役割があり、お肌に良いからと一生懸命摂取しても実際に美肌効果に働きかけてくれるのはごくわずか。

だから美肌効果を狙うなら体内からのアプローチよりも直接肌にアプローチした方が効果的。では直接レモンをスライスしてパックしたりビタミンCを化粧水に混ぜればいいのかと言ったらそんな単純な話じゃないのです。なぜならビタミンCは不安定で水分に弱く、更に肌には吸収しにくいっていうめんどくさい性質の持ち主なのです…。そこで肌に直接吸収しやすいように少し加工した成分を作ろうとなってビタミンC誘導体ができたわけなんです。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの成分を安定させ、肌に浸透しやすく加工したもの。角質層まで浸透してその効果を発揮してくれる優れものなのです。
そしてビタミンC誘導体はアンチエイジングを意識する世代には嬉しい効果が沢山あるです。

ビタミンC誘導体の嬉しい効果♡

ビタミンC誘導体にはたくさんの効能がありますがその中でも特にアンチエイジングを意識する世代に嬉しい効果をいくつかあげてみます。

美白効果
メラニン生成を抑制する働きによりシミやそばかすの予防ができます。また、メラニンの還元作用によりすでに出来たシミにも効果があるとも言われていります。

コラーゲンの生成
コラーゲン生成を促す作用により、お肌はハリや潤いを保ちます。これにより、シワやたるみが目立たなくなる効果が期待できます。

抗酸化作用
紫外線を浴びて増加する活性酸素を無害化する効果があると言われています。抗酸化作用によりシワやたるみそして毛穴の開きの原因となる酸化の進行を抑える効果ぎ期待できます

皮脂分泌を整える
ビタミンCには皮脂分泌を整える効果があるといわれています。皮脂分泌が整えられると開いた毛穴が引き締まるだけでなく、ニキビができにくくなる効果が期待できます。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体と言っても全てが同じというわけではなく、大きく分けると水溶性、油溶性、両性の3種類のビタミンC誘導体があります。

水溶性ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンC誘導体は水に溶けやすい性質を持ち、化粧水や美容液として用いられます。即効性があり、比較的短時間で肌に吸収されるのが特徴。難点として敏感肌の人には刺激が高いこともあるので注意が必要。

主な成分名

  • リン酸アスコルビルMg(APM)
  • アスコルビルリン酸Na(APS)
  • アスコルビルグルコシド(AA2G)
  • 3-O-エチルアスコルビンか酸(VCエチル)

油溶性ビタミンC誘導体
油に溶けやすい性質を持ち、クリームやジェルに用いられます。水溶性と比較すると即効性は劣りますが、真皮までの浸透は高く持続性が優れているのが特徴。乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすい。

主な成分名

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

両性ビタミンC誘導体
水溶性と油溶性両方の性質を持っています。即効性と真皮までの浸透という両方のメリットを持ち合わせています。またイオン導入と併用しなくても高い吸収率が期待できます。そしてどの肌質の方にも向いています。デメリットとしては比較的新しい成分なので臨床データがまだ少ないこと。

主な成分名

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

ビタミンC誘導体スキンケアの使用について

実際にどのようにしてビタミンC誘導体のスキンケアを使用すればいいのか?

市販のスキンケア製品

ビタミンC誘導体は化粧水、美容液、保湿クリームなど様々なタイプのスキンケア製品から取り入れることが可能。特に近年その効果が注目を浴びているので沢山のメーカーから販売されています。自分の肌質と照らし合わせて化粧水かクリームか選ぶと◎。また、アマゾンや楽天で購入する場合は人気製品はたくさんレビューがあるので参考になります。

スキンケア方法はそれぞれ製品ごとに異なると思うので確認が必要ですが、大抵ビタミンC誘導体だからといって特別なステップが必要ということはないです。化粧水なら化粧水として、保湿クリームならスキンケアの最後に使用するのが一般的かなと思います。

自家製スキンケア

自家製スキンケアとはビタミンC誘導体をパウダーで購入し、自宅で精製水や化粧水と混ぜてオリジナルを作るというもの。ちなみに私は最近このパターンです。パウダーだけ購入する場合やパウダーとローションセットで購入する場合などあります。

難点としては、自家製なので保存期間が短く冷蔵庫で保存しなくてはいけません。
私が今まで使用したものを例にあげると冷蔵庫保存1ヶ月以内使用のものと4日以内使用があります。4日以内のは使い切る分だけ作れば良いのですがその都度作る手間はかかります。また、パウダーと水分を混ぜる作業も慣れるまでは少し大変。

そこまでして自家製のメリットは?というと、自家製だから成分を自分で選べること。
市販の化粧水ってやっぱり色々と入っているので、シンプルにビタミンC誘導体だけが欲しい場合はパウダーで購入して精製水と混ぜれば良いだけ。またお気に入りの化粧水に混ぜて使いたい場合もパウダーだとアレンジしやすいですよね。

また個人差があると思うし、あくまでも私の場合ですが、自家製の方が効果は感じます。自分が実感できる範囲のレベルかもしれませんが、肌のハリ具合やつや、触った時の感触など全体的に効果がすぐに実感できるのは断然自家製。
もしビタミンC誘導体のスキンケア製品を使用してそこまで効果を感じられない方がいたら一度パウダー状の製品を試してみる価値はあると思います。

副作用はある?

副作用というより、市販のスキンケア製品同様にお肌に合う合わないということはあります。特に敏感肌や乾燥肌の人は水溶性のビタミンC誘導体を使うと刺激が強く感じるかもしれません。もし刺激が強いなと感じたら濃度が低いものや違う種類のものを試してみるのも◎

濃度はどのくらいがいい?

ビタミンC誘導体のスキンケア製品を選ぶ時に注目したいのはその濃度。当たり前ですが濃度が高い方が効果は大。
ではどのくらいが適切なのでしょう?

実は効果を実感するには3%以上の濃度が必要だけれど10%を超えると刺激が強すぎてダメみたいです。一般的にクリニックなどで処方してもらうのが5%くらいでエステで使用されているのが7%くらい。

実は化粧水などでビタミンC誘導体の効果を大きくアピールしている製品があっても実際の濃度は1%なんてこともあります。逆にいきなり濃度が高い製品を使うと刺激が強すぎて肌に合わない可能性も。また、濃度が10%を超えると効果には差がないという報告もあるので高ければ良いというわけでもないみたいです。製品を選ぶ時は必ず濃度がどのくらいなのか確認しましょう。また自家製を作る際には濃度が高くなりすぎないように気をつけましょう。

他の美白効果があるスキンケア製品との併用はOK?

美白効果があるその他のスキンケア製品を愛用している場合、併用して使用出来るかも気になりますよね。
結論から言うと、美白成分で有名なハイドロキノンやトラネキサム酸と併用しても大丈夫だそう。むしろトレチノイン・ハイドロキノンではビタミンC誘導体化粧水と併用を推奨されているくらいです。ただ念のため併用しても刺激が強すぎないのか事前に確認しましょう。

私は単体で使用する時は5%の濃度でも平気ですが、トレチノイン・ハイドロキノン時には1%でも刺激が強く感じました。単体と併用では感じ方に違いがあると思うのでその点も気をつけましょう。

イオン導入は必要?

水溶性ビタミンC誘導体の場合、吸収率を高めるためにイオン導入がオススメされていますが、なければ効果が全く無いというわけではありません。私は自家製の化粧水を使用していますが朝は時間がないので重ねづけ(すぐにお肌に吸収されます)、夜はシートマスクにしたり美顔器でイオン導入したりします。

オススメのビタミンC誘導体配合スキンケア製品

最後に私が試したことがある製品の中でリピ買いをよくするおすすめ製品を紹介します。

♡濃厚本舗 / ブライトニングパウダー♡


濃度5%のビタミンC誘導体化粧水200ML作れるパウダーです。
楽天人気製品で私も何度かリピしています。作った化粧水は冷蔵庫で保存、4日以内に使用しなくてはいけないのその都度多少手間はかかりますが慣れれば平気。
私は無印良品の詰め替えボトル(プッシュ式、確か容量30ML)の中にパウダー⇒化粧水の順に入れてしゃかしゃか振って溶かします。付属のスプーンの直径ががちょうど容器の入り口と同じ大きさで時々こぼしてしまいます。容器を買うなら入口大き目のがおすすめ。
美顔器やシートマスクを使用することが多いので一度に20MLくらい作ります。保存期限が短いので慣れるまでは少なめに作っなくなったら足す方が◎

♡濃厚本舗 / APPSパウダー+Eローション♡


注目の両性ビタミンC誘導体であるAPPSのパウダーとビタミンE誘導体を主成分とするローションがセットになっている化粧水です。
パウダーとローションを混ぜた後は元々Eローションが入っていた容器に戻せばよいので自分で容器を用意する必要がないのも嬉しい。また、こちらは冷蔵庫で1か月保存できるのでブライトニングパウダーよりは手間がないのも◎
2020年前半、精製水やプラ容器が手に入らない時期はこちらをずっと愛用していました。

♡素肌べっぴん館 / VC-100 Bright Moisture Lotion


自家製は使用期限が短いし、手間がかかるなと思う人におすすめなのがこちらの化粧水。

  • 500MLの大容量
  • 無香料
  • 合成着色料フリー
  • 鉱物油フリー
  • 石油系界面活性剤フリー

アルガン、シアバター、オリーブ、アロエと美容に嬉しい4種類のオーガニック成分が配合されているだけあって保湿力が高く、しっとり系の化粧水です。そしてリパーゼ、パパイン、プロテアーゼという3種類の酵素も配合されていて余分な皮脂を取り除いてくれるというのも嬉しい。
大容量で価格も低めなので首元とか肘にも遠慮なく使えるのも◎。
ただ個人的な感想としてはこちら夏はベタベタしすぎてほとんど使わないです。

♡ロート製薬 / メラノCC♡

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】薬用メラノCC しみ 集中対策 美容液【医薬部外品】
価格:1098円(税込、送料無料) (2021/4/15時点)


定番の人気製品、ロート製薬からでているメラノCCシリーズの美容液。ドラッグストアでもよく見かけるので知っている方も多いかと思います。ビタミンC誘導体に加えてビタミンE誘導体も配合されているのがうれしい。
そしてコンパクトで持ち運びがしやすい。量が少なく感じますがピンポイントで使用すると5か月くらいもつらしいです。私は2か月くらいで使い切ってしまいますが…。
顔全体でなくシミができやすい部分だけに塗ったり+αのスキンケアとして使用するのがおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました